【レビュー】AirPods Pro

今頃ではあるが、Airpods Proを買った。

早速レビューしていきたい。

イヤホン経歴

まず僕のイヤホン経歴を紹介する。

・2013-2018 Ear Pods

・2019-2020 Air Pods(第2世代)

・2020- Air Pods Pro

ご覧いただいたら分かるように僕はApple信者だ。

ちなみに今持っているApple製品は

・iPad mini (第5世代)

・iPhone X

・Apple TV 4K

・Airpods

・Airpods Pro(NEW)

といったところだろうか。近日中にiMacも購入予定だ。

AirPodsとの比較

・ANC(Active Noise Control)機能の搭載

これが一番の変更点と言っていいだろう。

買ってすぐに家でノイズキャンセリング機能を試してみた。

 

静寂

 

エアコンの音が一気に消え、外の音が全く聞こえなくなった。

部屋の中ではノイズキャンセリングのすごみがあまり分からなかったが、

外で使ってみると違いがよく分かる。

道路だと車の音や、風の音、カラスの鳴き声などが全く聞こえなくなり

音楽だけが心地よくながれる。

まるで異世界だ。

AirPodsには、もう戻れないだろう。

そしてノイズキャンセリング機能とは別に外部音取り込みモードが追加された。

コンビニでレジの時などに感圧センサーを長押しするだけで外部音取り込みモードに切り替えることができる。

実はこれが便利なもので、店員さんの声などが音楽を聴いていても難なく聞き取れる。

感圧センサー以外にもノイズキャンセリングの設定はiPhoneのコントールセンターか容易にできる。

 

・カナル型へ

AirPodsが自分の耳に合わないから購入できないという声を何度か聞いた。

それは Airpodsの形状がインナーイヤー型だったからだろう。

しかし、Airpods Proはカナル型へ変更された。

なので自分の耳に合ったイヤーチップに変更できる。

購入したときに付属しているイヤーチップはそれぞれ、大、中、小サイズ用意されている。

もともとついているのは「中」サイズ。

そして、なんといってもこの機能。

自分の耳に合ったイヤーチップを診断してくれるのだ。

やり方はも簡単。

“設定”→”Bluetooth”→自分のAirpods Proをタップするとこの画面になる。

“イヤーチップ装着状態テスト”をタップするとできる。

 

 

このように密着度を確認できるので自分の耳に合ったイヤーチップを選択すれば、

Airpods Proが落ちることはないし、音漏れすることもない。

・うどん解消

ネット界隈で揶揄された「うどん」が解消された。

僕自身は全然「うどん」とは思っていなかったので、

AirPodsの外観には不満はなかった。

むしろ見た目だけは、AirPods > AirPods Proだと思っている。

うどん部分が短くなったのでイマイチスタイリッシュさに欠けた気がするが、

これは音楽を聴くものなのでそこは重視しないだろう。

AirPodsとAirPods Proの比較まとめ

・ANC(active noise control)機能が神。

・カナル型になったので落ちる心配や音漏れの心配は軽減

・うどん解消(外観は個人の主観)

AirPods Proのデメリット

先ほどいいところを紹介したので、個人的に気になった点を紹介する。

・音質

音質はいたって普通だ。可もなく不可もなくといったところ。

正直AirPodsと変わらない。しかし、ノイズキャンセリング機能があるので

音質が良く聞こえる感はあるが、音質がめっちゃいいなとは思わない。

・ケースのサイズ

これは僕だけかもしれないが、AirPodsユーザーなら分かってもらえるかもしれない。

片手でAirPods Proのケースを開けにくいのだ。

AirPodsのケースは手の中に収まるので片手でスムーズに開けられる。

AirPods Proは片手でケースを抑えて、もう片方の手で開けないといけない。

これが地味にストレスだ。

しかし、よく比較されるSONYのWF-1000XM3のケースなどと比べると小さいので

これはしょうがないのかもしれない。

・価格

高い!!

税別で¥27,800

税込で¥30,580

学生は手を出しにくい価格であろう。

ノイズキャンセリング機能が付くとこのくらいになるのはしょうがないかもしれないが、

もう少し安ければイヤホンヘビーユーザの学生たちも手が届くと思う。

しかし、使ってみるとこの価格を出しても良かったと絶対に思える製品だ。

総じて買いか?

僕は、AirPods Proを、マジでおすすめする。

様々なYoutuberの2019年買ったものランキングで大体1位を取っていただけある。(SHUN調べ)

3万円出す価値のある商品だと確信を持って言える。

だけど、

正直言うと今の段階(2020年3月)では買うべきではないと思う

(自分で買っておいて言うな)

なぜかというと、AirPods Liteの噂があるからだ。

AirPods LiteはAirPodsとAirPods Proの間くらいのAirPods Proの廉価版くらいの

位置づけだと考える。

どのような仕様なのかまだ分からないが、待てる人であれば待つべきだと思う。

あとはAirPodsとAirPods Proで迷っている人がいるなら、

間違いなくAirPods Proをお勧めする。

+10000円でノイズキャンセリングを味わえる。

ノイズキャンセリングの世界は一度味わうと元には戻れない。

SHUN

購入はこちらから↓


Apple AirPods Pro


Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)


Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)