海外旅行に行こう

僕は年に数回韓国へ行き、たまにヨーロッパにも行く。

それだけ海外旅行に行くの大好きだ。(主に韓国)

海外旅行へ行ったことがない日本人が多いので、

そんな人に向けてブログを書きます。

そもそも日本より治安のいい国はあまりない

海外旅行へあまり行かない人が必ず言う言葉がある。(これは韓国という国だけではなく、すべての外国にたいして)

「○○って治安悪いから行きたくない」

「○○は親日家が多いから行ってもいいかな」

この言葉はあまり好きではない。

そもそも日本より治安のいい国は全世界地球を見渡しても数少ない

たしかにシンガポールとかは治安がいいのは有名かもしれない。

だけどやっぱり、日本より治安がいい国は片手で数えられるくらいだと思う。

それだけ日本が治安がいいのは間違いない。

しかし、治安悪い国にはいきたくないという理由で海外に行かないのはあまりにもったいない。

深夜に一人で出歩いたり、風俗街などの一定のエリアに行かなけれ

基本的に問題ない国がほとんどだと思う。

それだけの理由で海外へ行く経験をしないで人生終わってしまうのはマジでもったいない。

あと親日家が多いからなんだ。

ウェルカムって雰囲気で歓迎される国に行くのもいいかもしれないが、それだけでも寂しい。

店員に不愛想にされたり、スリを気にしながら街を歩いたりするのも海外の楽しみだと思う。

(ちなみに韓国にはスリは殆どいませんよ)

韓国と日本の関係

韓国の話をすると、確かに韓国と日本は歴史的に様々な問題がある

歴史的問題から今でも関係はいいとは言えないのは理解する。

政治的に日本をよく思っていない韓国人が沢山いるのも間違いではない。

だからといって韓国人が全員日本人に不親切にするわけではない。

前も書いたかもしれないが、国家の考えが個人の考えではないのだ

これは実際に韓国に行ったことがある人しか分からないかもしれない。

僕が家族で韓国へ行った時の話をしよう。

5年位前の話

目的地まで30分くらい路線バスに乗ることにした。

しかしバスに乗ったはいいものの満席で僕たち家族は立っていた。

そこで韓国人のおじさん(50代くらい)が母に座席を譲ってくれたのだ。

僕たち家族は日本語で話していたし、風貌からも日本人観光客丸出しだったと思う。

登山帰りっぽいおじさんは、日本人だと分かっていて母に座席を譲ってくれたのだ。

まさか韓国人にこんなに親切にされるとは思わなかった。

この話以外にもタクシー運転手が日本語で話しかけてくれたり、

観光案内所のお姉さんに英語でBEASTのメンバーに似てるねって笑顔で言われたり、

何度も韓国へ行っていると親切にされた経験が沢山ある。

だから韓国は危ない国だからというバイアスを持っている人は一回行ってみてほしい。

たぶんイメージが変わる。

マイナスのエピソードも一つ話すと、

韓国のサウナの更衣室で姉がiPhoneを充電したまま、風呂に入ってしまい、

iPhoneが盗まれたことはある。これはその辺で充電していた姉が悪い。

日本でもそんなことしたらなくなる可能性はおおいにある。

百聞は一見に如かず

ここで何を書こうと実際に行ってみなさいということだ。

僕の母は内戦している国で仕事をしていたりする人なので、治安など関係なしにいろんな経験をさせてくれた。

だからこそ今の自分があると思う。とりあえず日本を出てみよう。そうすると日本の良さにも気づくよ!

僕は行動に移す前にめっちゃ考える性格だ。だからこそ自分の座右の銘は「実践躬行」

自ら行動に移す。これが大切だと思う。

最後に

外国人観光客には親切にしてほしい。

外国に行って何が思い出に残るって、もちろんおいしい料理だったり、

素晴らし景色だったりするかもしれないが、僕は親切にされた経験が一番思い出残ると思う。

親切にされるとまたあの国に行きたいなって思いに間違いなくなる

だからといって、迷惑な外国人観光客に親切にしろとは言わないが

普通の外国人観光客には極力親切にしてあげてほしい。

先日、東京駅で台湾人が茨城空港行きのバスはどこなのか英語で訪ねてきた。

僕もマジで時間がなかったのだがバス停まで送り届けてあげた。

わざわざ海を越えて日本に来た外国人に不親切にするわけにはいかない。

僕たち一人が親切にするだけで国のイメージが左右されると思う。

不親切にされると、自分の国に帰ってその話して絶対イメージダウンだ。

日本に来てよかったという思いで帰国させてあげたい。

だからみんなも外国人観光客には親切にしよう。

SHUN