趣味が合わない彼女と付き合って得るもの

久々にカップルネタを書きたいと思います。

本来はTwitterで書こうと思ったことなのですが、文字数的に無理なのでやめました。

ここまで合わないことってあるのか

僕と彼女は趣味が合わない。これは趣味と言っていいのか。趣味どうこうの問題ではなく、基本全てにおいて合わないのだ。

今までに実際にした会話をまとめてみた。

 

SHUN:ドライブ行こうよ

→彼女:車酔いするから無理。電車でどっか行くなら良いよ

SHUN:焼肉行こうよ

→彼女:肉嫌いだから無理。イタリアンならいいよ。

SHUN:サッカー見に行こうよ

→彼女:日焼けするから無理。ナイトゲームなら考える

SHUN:山登り行こうよ

→彼女:虫いるから無理。日焼けもするし。ディズニーランドならいいよ(ディズニーランドも日焼けはする)

SHUN:アベンジャーズ観に行きたい

→彼女:怖いの無理、血とか無理。ディズニー映画しか基本観ないから

SHUN:秋なんだしスキニーパンツとか履かないの?

→彼女:足太いからスキニー履かないし。基本ワンピースかスカートしか似合わないから

 

おわかりいただけただろうか。とにかく合わないのだ。そして彼女は自分の考えが強い笑

なんで合わないのにやっていけるのか

上記の会話を見て、よく長続きしているなと思った人もいるかもしれない。

本当にすべてが合わないので、大変なことが多い。しかし、合わない人と付き合っていると新たな発見ができるのだ。

例えば絶対1人じゃ観ることがなかったような映画も合わない人と付き合っていると観ることが出来る。正直言ってディズニー映画は自分は観ることがなかった。しかし、彼女と付き合ってディズニー映画をめっちゃ観た。そして感動した笑

自分の好みの問題で知ることが出来なかった世界に足を踏み入れることが出来るのだ。それを通して自分の視野が広がるし、メリットしかない。

だから、合わない彼女ともやっていけるのだ。

ディズニー関連でもう一つ話すと、僕はディズニーランドとかにあまり興味がなく。そんなに好きではない。

ディズニーランドへ行くなら、山でキャンプしたり、海に行きたい。

しかし、彼女の強い勧めもあり先日ディズニーシーに行った。

そこで「ソアリン」というアトラクションに3時間も並んで乗ったのだ。大切だからもう一度言う3時間並んだのだ。

乗るまでは3時間も並ぶなんで時間の無駄でしょうって心の中で思っていた。しかし、アトラクションに乗って言葉を失った。

「すごすぎる……」

アトラクションが終わった後には、止まらない鳥肌と感動で泣きそうになった(泣いてはいない)

「ソアリン」というディズニーシーのアトラクションは本当にすごかった。まだ乗ったことがない人は是非乗ってほしい。乗る前にいろいろ調べていくより何もわからない状態で乗るのがおススメだ。

正直言って3時間並ぶ価値がある。なんなら、「ソアリン」に乗るためだけにディズニーシーに行ってもいいというレベル。

この写真は2時間半くらい並んでもうすぐ乗れるってところ。

 

このように合わない彼女と付き合っていると素晴らしい新たな発見がある。

今の彼女と会っていなかったらこのアトラクションに一生乗っていなかったかもしれない。

そう思うと彼女にも感謝しかない。

結局

新しいことを知ること。新しいことを始めるときに脳が活性化すると言われている。

いつも新しいことを体験できるのは自分と合わない人と付き合うことが一番手っ取り早いと思う。

(これは個人的見解です)

しかし、それは相手に合わせることが出来ないと難しい。だから最初は忍耐力が必要かもしれない。

その先には新しい道が待っている!

ちなみに、僕だけが彼女に合わせているだけではない。彼女も僕にたくさん合わせて妥協してくれている。

だから彼女も新しい発見をしていると思う。

だからこれからも2人で新しい発見をしていきたい。

SHUN