航空券を予約するならこのアプリで決まり

皆さんは普段、韓国に行くときにどのようにして航空券を購入していますか?

今回は私が普段から愛用しているアプリの紹介をしたいと思います。

その名は「Skyscanner(スカイスキャナー)」

iOS、Androidともに対応していますので、ストアで入手してみてください。

使用方法は簡単!

アプリを開いたら航空券という飛行機のマークをタップ

このような画面が表示されます。私は前回検索したときの画面がそのまま表示されています。ここで出発空港と、目的地の空港を入力してください。

次は出発日と帰国日の入力です。このようにカレンダー表示されるので簡単だと思います。入力が終わったら「完了」をタップ

そうすると、画面のように最安の航空券順に画面に表示されます。プランをタップすると詳細の設定も可能です。

出国時間、帰国時間、金額をみて納得した航空券があれば、下の「予約を続行する」をタップします。

そうすると、それぞれ代理店や航空会社のホームページへのリンクがあります。そこからは各社の手続きに従って航空券を入手してください。めちゃ簡単です。

このアプリのすごみ

ここまでを見て普通の航空券のアプリじゃんって思った方が多いと思います。

このアプリの一番のいいポイントを紹介し忘れていました。

出国日と帰国日の選択のところまで戻ります。ここの「チャート」というところをタップしてください。

そうすると、画面のように日にちごとの最安航空券の比較ができるのです!!

青い線の高さで出発日、帰国日ごとの価格が分かるのです。例えば、これを使えば予定より一日帰る日をずらせば何千円も安くなるなんてことも。(シーズンによります)

この価格のチャートを見て旅程を決めれば1円でも安く航空券をゲットできます。

注意すべきことも

このアプリにも注意しないといけないことがあります。

例えばこの航空券を見てください。

往復2万円しなくて比較的に安いです。(もっと安い航空券ももちろんあります。)

しかし、出国の時間と帰国の時間をよく見てください。

・出国が20:55、帰国が6:45です…..

20:55に成田を出発した場合、仁川に到着するのが23:40です。そこから入国審査等を行って、自由の身になるのは深夜1時近くになってしまいます。例えばそこから、ソウルの街に出るにも時間が遅すぎます。空港からの交通機関も限られてしまいます。

安い航空券の場合は特に、出国時間帰国時間をよく確認してから購入しましょう。

もちろん、夜遅く仁川についても大丈夫!

朝早い出国でも問題なしって人は買うべきです。

SHUNが時々使う小技

ここからの話はさらに安さを求める人専用の話です。

韓国へ行くくらいならあまり変わりませんが、ヨーロッパへ行くときはよく使える小技です。

出国する空港を「東京(すべての空港)」に設定できます。

これは、出国空港と帰国空港が異なる場合も含んで格安の航空券を選んでくれるものです。

画像を見てください。出国空港を「東京」に設定して、目的地を「ウィーン」に設定しています。

出国が成田、帰国は羽田です。

出国する空港と帰国する空港が異なっても問題ない方は「東京(すべての空港)」で検索して見てください。

もっと安い航空券が見つかるかもしれません。

また、さっきの注意のところに書かなかったのですが、ヨーロッパ等へ行く方は安い航空券の場合、乗り換え時間がかなり長かったりする航空券もありますので注意ください。

それては楽しい旅行にいってらっしゃい!

SHUN